JR埼京線「板橋駅東口」徒歩20秒 地域信頼度NO1の整体で肩こり腰痛改善します!

セイクラル施療院


1回でもどこか長引いて悪くしてしまった人の悪い特徴

もう治ってるのに、1回でもそこを傷めてしまった経験があると、そこの部分に負担の掛かる動作をしない。

または、患っている時が長ければ長かった人ほど、かばいながら動いたりしていた時間が長かったため、その動き方が自然としみついてしまっていて、もう炎症も引いていたり、血流の滞りも特に別状問題の無い状態で、痛みの出る状況、状態からは到底縁遠くなっている状態にまで回復しているにもかかわらず、妙に不自然な1度傷めてしまった場所をかばったような動き方が抜けていなかったり。

そんな人の為に、私は、なるべくどこか患っていて治療中の患者さんでも、少しずつ症状等が軽くなってきたら、多少痛くてもかばって動くようなことは極力避けてくださいねとアドバイスします。

人はある程度の期間、同じ動き方をしていると、それが自然に沁みついていってしまい、やがてはその動き方、動かし方ばかりをしてしまうようになります。
それがいわゆるその人の動き方の癖(クセ)です。

その癖は長い事やり続ければやり続けるほど、その動きを矯正する(直す)ことは大変難しくなります。

だから、予後が少しでも良くなるように、患っている期間に変な癖がつかぬよう、しっかりとアドバイスしています。

負担の掛かる動き方をしない方が良いというのはあくまで、カラダが弱っている時であって、普段から、これは負担の掛かる動作だから、辞めておこうなどと、必要以上に怖がって、その動作を避けていると、そこのカラダの箇所はどんどんと弱っていき、衰えていきます。

(これはこと姿勢という話を入れて考えてしまうと、少し話がややこしく難しい話になってしまうので、ココでのこの話では覗いて話しています。)

痛みや症状が特にもう無いのに、負担を掛けずに、安静にし過ぎたり、使わな過ぎたりしていると、骨や筋肉が必要以上に弱ってしまい、逆に怪我をしやすくなったりしてしまい、再発のリスクはより高まりますので、

治ってきたらもう


「必要以上に怖がらずに、1度傷めてしまったところも積極的に使うよう心掛けてください。」


最初のうちは、それで痛みや症状が強まってしまったりと感じてしまうかもしれませんが、痛みや症状に対して脳が必要以上に敏感になっているだけかもしれません。

なので、必要以上に怖がらない事が、完治への第一歩です。一緒に頑張りましょう!!

ではまた。


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

セイクラル施療院のご案内

住      所:
〒114-0023東京都北区滝野川7-2-11コーポステーションサイドコシベ303
アクセス:
JR埼京線「板橋駅東口」徒歩20秒都営三田線「新板橋駅」徒歩3分東武東上線「下板橋駅」徒歩9分
お問い合わせ・ご予約
お電話の際は必ず【月・火・水・金・土・第3日曜日・祝日(の営業する日)】の
10:30~13:00と15:00~19:30の時間内でお願い致します。
03-6903-5256
営業時間:
【予約の方専用の営業時間】
■月・水・土・第3日曜日・
祝日(の営業する日)
10:30~11:30 
15:00~17:00
■【火・金】
※完全予約制・・・予約された方のみ施術をおこないます。
10:30~13:00 
15:00~19:30
※当日予約OK。予約にちょうど空きがあれば当日最短30分以上前のお電話にて予約可!
 
【予約なし(飛び込み)の方専用の営業時間】
■月・水・土・第3日曜日・
祝日(の営業する日)
12:00~13:00 
17:30~19:30
事前のお電話、ご予約なしでご来院いただける時間帯です。
定休日:
木・第3日曜日以外の日曜日 (祝日は不定休)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ